医薬品と医薬部外品の違い

ドラッグストアでよく見かける言葉と言えば『医薬品』と『医薬部外品』この二つって強力な方は前者で、あぁまぁ効能はあるけど医薬品ほどでは無いと思ってしまうものが後者……なんて、ニュアンスで捉えてしまうものではないでしょうか?
この言葉をよく見かけるものと言えば、勃起不全解消のサプリメントの類や化粧品、育毛剤など本当に数多のものが挙げられますが、この違いについて簡略的に解説していきましょう。

まず、医薬品とは……治療や予防などの医薬的効果が認められたものです。つまりは”薬品”を示していますね。お医者さんに処方してもらう薬においては、医療用医薬品という部類になるものですが、ドラッグストアなどで購入する事が出来る第一~第三医薬品というと医師の許可もありません。
なので、お医者さんが処方する医療用医薬品と比較してしまえば、効果は穏やかなものです。ですが、後に説明をする医薬部外品に比べて効き目が強いという特徴を持っています。
一方、医薬部外品においては……こちらは、医薬品と化粧品(サプリメント類)などの間のものと考えて頂いて間違いではありません。
なので、先ほど述べた”あぁまぁ効能はあるけど医薬品ほどでは無い”というニュアンスは間違いではありません。
ですが、こちらは医薬品に準ずる位置づけとなっているので、効果は小さいとしても、予防や対策となるので”全く効果ナシ”とは言いきる事は出来ません。
よく聞く薬用石鹸や、薬用化粧品というものもこれに区分されますね。
また、医薬部外品の最大の特徴においては、通常の化粧品などとは違い、有効成分や効果を記載する事が出来るのです。


よく冬場に売られているハンドクリームなども希にこういったものもありますね。
例を挙げるのであれば、ここ最近海外セレブにも人気のユースキンA。パックに用いると肌が白く! なんて巷で騒がれてますね。
これも医薬部外品です。なので、これは医薬品・医薬部外品か或いはただの化粧品か? という点においては、パッケージの有効成分や効果で見極める事が出来ます。

ほんの少しの豆知識ではありますが、これを知っておくと自分の肌の状態改善の為・健康維持の為に医薬品・医薬部外品を欲する時にとても役立ちます。
覚えておいて損は無いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です