ニキビ薬、病院で処方してもらえば確実に治る?

2016-10-%e6%9b%b4%e6%96%b04-19

今では10代の若い方だけではなく、20代・30代と大人の年齢層になってもニキビに悩む方って結構多いものですよね。もはやストレス社会の裏付けでもあり、大人ニキビは根気よく立ち向かわなくてはなかなか治らないとさえ言われているものです。

また、大人ニキビ用の市販治療薬も本当に増えたなとドラッグストアに行く都度思うものです。ですが、こういったニキビ市販薬に頼るくらいであれば、病院で薬をもらった方が確実ではないのか? なんて、感じてしまうものですよね。
確かに皮膚科に行ってニキビの状態を専門家である医師に診てもらう事によって状況を把握し、そこから塗り薬を処方するので、間違いなく改善の方向へと向かうのでは? と、考える事が出来ます。

ですが、正直な見解……「病院のニキビ治療薬は少し強い」なんて意見も伺う事も出来ます。確かに完全に医療用成分で医薬品となるので市販薬よりもやや強く、逆に負けて悪化してしまうなんて事もあるので、病院の薬の方が確実に効く! とは言い切れない部分もあります。やはり肌状態というものも似た傾向の方は居ても千差万別であって”全く同じ”と同一な方っていないものですからね。

またコレは自分の実体験でもありますが、正直皮膚科には嫌な思い出しかありません。
何故かと言えば、自分自身も10代~20代と長期に渡りニキビに悩まされてきましたが、どうしても治らない! 困った! と、お手上げ状態になってしまったので皮膚科に駆け込んだのですが、早い改善に芯を取り除くと言って器具でニキビを押しつぶされ跡に残ってしまったのです。今現在30代。当時は10代後半でもうかなり時間も経過しているものですが、未だニキビ跡が残っています。
ぱっと見では分からない程までに改善されていますが、やはり光に当たると凹凸が分かってしまうのです。これには大きな後悔をしています。今は医学も発達したのでこういった事をする皮膚科も少ないとは思いますが、あまり私は信用していません。