基本的には頭皮に要因アリ?

春先に抜け毛が多くてギョッとしていた私ですが…ようやく、抜け毛も落ち着いて来て現在一安心といったかんじです。
しかし次に抜ける季節と言えば、秋口ですね。人間には基本的に夏毛・冬毛というような生え替わりという時期は無いものの、毛周期というものがあるので毛が抜け落ちる事自体は割と自然な事には違いありません。しかし、束になって抜けすぎてしまうと不安になってしまうものですよね……。

これは自分自身が実際に経験して分かった事ですが、毛の抜ける量=頭皮にかかるダメージという点が非常に大きいのでは? と、考える事が出来ます。

2016.04.更新2.19
まず実際の例を提示しますが、私は過去夏のシーズンに美容業でも集客の為にチラシのポスティングに外回りをしていた時がありました。

勿論紫外線対策は万全で、UVクリームは肌にしっかりとつけて、首もとをストールで覆い炎天下の下を毎日練り歩いていました。正直夏期シーズンって暇だったんです。
かなり昔脱毛サロンに勤めていた時は、繁盛期だったのですが美顔専門となれば、あまりに暇で集客の為に毎日、外を練り歩くばかりでした。
これが1週間2週間と続きましたが、日焼けはしませんでした。けれど、髪の毛がパサパサになって、絡まりやすくなり頭皮が痒くなってきたのです。
帽子や日傘が邪魔になるから……と、やらなかった事を後悔してもその時にはもう遅かったです。夏の終わりには毛が束になって抜け落ち、トップスのボリュームも消え失せスカスカとしていました。その時は未だ20代前半……かなりショックだった事は記憶に新しいです。

紫外線対策と言えば、当然肌の事を優先させますが、髪を作る頭皮だって当然1枚の皮膚で繋がっているには違い無い事ですからね。
美容関係の仕事に就いているにも関わらず、『迂闊だった……!』なんて盛大に反省しました。それからというものの、夏のシーズンの外出は帽子を被るか日傘を差すかで対策を取っています。それ以来あれ程の抜け毛が無くなりました。
大した事無いだろう……なんて軽視しがちな問題ですが、これは重ねる事に追々痛い目を見ます。それに、毛って生え替わるまでに時間もかなりかかるものですからね。
だからこそ頭皮の環境は大切にしなくてはいけないものだと痛感するものです。

老化抜け毛 コレってどうにか出来る?

年齢を重ねれば身体の機能が衰えて、何かしら不調を訴えるもの……これは本当に仕方の無い事ですが、髪の毛が抜け落ちてしまうとかなりショックなものですよね。
実は私の母も抜け毛に悩んでいるらしく、久しぶりに会った時確かに髪の毛のトップ部分のボリュームが減っていて、白髪も多くなり「今まで沢山苦労をかけちゃったんだなぁ」「今後孝行が少しでも出来たら良いのだけど」と切実に感じてしまいました。

2016.03.更新3.19
それと同時に思ったのです。母がこうなるのであれば、遺伝してれば私もこうなるのだと。

今現在の私の年齢は30代。母は50代後半。逆算して考えれば、あと20年強で同じ悩みを抱える可能性もあるという事です。
それに、母の話によれば妊娠・出産後の抜け毛は結構ひどかったらしく……これも同じであればいずれ危ういのでは?! なんて感じる部分があります。

そこでこの件について様々なサイトを巡って調べてみましたが、老化による抜け毛は幾分か軽減出来るものだと分かりました。しかし、人間どうしても生きていれ老化していくものなので完全防御は無理ですが……それでも老化を遅らせる事は出来るものです。
例えば、体内環境の改善ですね。人間の身体を作るものと言えば、蛋白質ですが、髪の毛も蛋白質とケラチンという成分で出来て居ます。なので、質の良い蛋白質を摂取する事は勿論ですが、バランスの良い食生活を送る事や不足分はサプリメントで補うなど徹底的な食事管理によって幾分か老化を食い止める事が出来ます。
……つまりは体内改善と、生活習慣の徹底的見直しが老化抜け毛には重要な課題になるという事ですね。
また、直接的に髪へと栄養を与える為に育毛剤でのケアも有効な手段だと言う事が出来ます。育毛剤というと、男性のものという認知が高いものですが、最近では女性物の育毛剤や男女兼用の育毛剤もありますからね。こういったものを用いてケアを行っていく事も重要だと言う事が出来ます。

やはり髪というものは、1日ケアをしたから明日すぐ生えるというものではありませんからね。長い目を見てコツコツと育成させていく事が何よりも重要では無いか? と、考える事が出来ます。

どうして産後は毛が抜ける?! 本当に戻るか心配!!

老化ややりすぎヘアケアやストレスが要因して女性でも抜け毛を起こしてしまう事がある……と、そんな話を以前にも触れましたが、女性が抜け毛や薄毛を起こしてしまう原因はそれだけではありません。
中には妊娠中・産後に夥しい抜け毛を起こしてしまったなんて方かなり多いものです。

実際に私の友人が初めて赤ちゃんを授かった時、「おもしろい程に髪が抜ける」なんて事を言って居た事がありました。
今まで髪が薄いなんて気になった事も無いような人なのに、確かに言われた通りつむじ周辺が薄くなってトップ部分にボリュームが無くなり地肌がハッキリと見えてしまう程に毛が抜けていました。
これには本当に衝撃を感じた事をよく覚えています。

2016.03.更新2.19

しかし、妊娠・出産などが原因で髪が抜けて薄毛になってしまう事は割とよくあるす。
これが何故かと言えば、毛そのもの自体はホルモンバランスと密接に関わっているからです。まして妊娠・出産を行うとなればホルモンバランスの変動が非常に激しくなるものですよね?
なので、女性でもその時ばかりはすね毛が濃くなったり、太いヒゲが生えてしまうなんて事もありうるのです。だからこそ、薄毛に至ってしまうなんて事は普通に起こりうる事という認識を持っていた方が良いでしょう。
……けれど、これって元に戻るのかな? なんて、不安に感じてしまうものではないでしょうか。

産後抜け毛に効く育毛剤

確かに育毛剤を用いる事も賢明な手段の一つであり、早期状態改善の為にも良い手段だと断言する事は出来ますが、産後の抜け毛はそこまで神経質になる問題でもありません。
様々な説があるものですが、産後一定期間経過し、ホルモンバランスが正常に戻ってくれば、抜け毛や薄毛も段々と改善されてくるものです。
確かに出産後と言えば、育児ストレスなどの精神的負荷のかかる可能性もあるので、備えあれば憂い無し……という事であらかじめ育毛剤などの労るヘアケアアイテムを用意しておく事も良いのではないでしょうか?

何かと話題のノンシリコン 何故良い?

シャンプーを買う時、お肌と同じ弱酸性のものって本当に多いな~と感じるものですがここ数年ノンシリコンシャンプーが増えたように感じます。
少し前まではノンシリコンシャンプーと言えば、比較的相場も高いイメージもあったのですが、ここ最近では300円以内で詰め替え用が購入出来るので話題になっている分安く購入出来る事は嬉しく感じるものです。
しかし、ノンシリコンがどうして髪に頭皮に良いのか? この事についてはあまり知られていないものですよね?

2016.03.更新1.19

ノンシリコンシャンプーとは、言葉そのままに『シリコンが入っていないシャンプー』を示しています。ボトル裏の成分表記に、メチコン、シロキ、シリカ、ジメチコン、シクロメチコン……等のシリコン成分を一切含んでいません。
シャンプーにおけるシリコンの役割は、洗髪後の指通りをよくする為の潤滑コーティング成分と捉えて良いです。一見これだけ聞くと、別に頭皮に悪そうな気さえもしません。
またシリコンを含む理由は洗浄成分にも理由が繋がります。
洗浄成分には、アルコール系や石鹸系、アミノ酸やベタイン系など様々な種類があるものですが、中でもアルコール系とラウレス硫酸という洗浄成分が少量でも泡立ちが良くなる上、低価格のシャンプーにはこれらがふんだんに含まれているのです。
これらが大量に含まれている事によって髪のキシキシや乾燥に繋がってしまうので、その為指通りを促す為にもシャンプーにはシリコンを含んでいるのです。
けれど、どうやらこれが頭皮を詰まらせる原因に繋がるなどと囁かれ、今現在ではノンシリコンシャンプーが増えている傾向があります。

しかし、コレって実は大きな間違えと勘違いされている部分もあるのです。
確かに上記した事だけを聞くと、肌に悪そう……という印象を持ってしまうもんですが、実はシリコンって、頭皮に対してそこまで危険性は無いのです。
むしろ指通りを滑らかにする為には必要不可欠なものであって、シリコンの含んでいないシャンプーは洗髪後にパサつきがちになってしまうという欠点を持っています。だからこそ、そこまでシリコンに対しては神経質にならなくても良いという結論に結びつくのです。

実は私も以前オーガニックノンシリコンシャンプーを用いていた時がありましたが、指通りが悪くキシキシになってしまったという経験がありました。ノンシリコン処方表記だからこそ髪には良いと思いがちですが、決してそれは一概にそうとはハッキリと断言出来ないものです。

育毛剤は値段で選ぶもの?

育毛剤と言えば、値段もピンキリですよね。
ネットの市場を見ていても安いものならば1980円程度から……高いものになってしまうと、1万円近く値が張るものと本当に様々なものです。
しかし、”効果の出る育毛剤”と言うと、誰もが高いものの方が効果が出ると思うには違いありません。確かに高い育毛剤と言えば、高品質な有効成分が豊富に含まれていますし、口コミも割と良いものです。

2016.02.更新4.19
しかし、値段=効果とは言い難く感じる部分もあります。

それがどうしてか? と、言えばやはり高い育毛剤となればケチって使いたくなってしまうものですよね? やはり5000円以上1万円未満程の金額となれば、少し勿体ないかな? と、思う人も多いでしょう。裕福な人ならば気にする事も無いものですが、一般的な感覚から言ってしまえば、育毛剤に5000円以上1万円未満というと決して可愛らしい金額とは言う事が出来ません。

……と、なると。ケチって使ってしまえばその分効果が見込めなくなり、髪の毛を育つ環境を上手に整える事が出来なくなってしまうのです。
すると、高い育毛剤は効果がある! と強く断言出来ない部分があります。
一方2000円から3000円程度の育毛剤と言えば、継続的な使用もそこまで不可能な感じもしませんよね。

それに惜しみなく使う事が出来るので未だ効果にも期待出来そうと感じてしまうものです。しかし、毛が育つ事は当然の如く個人差のある問題には違いありません。
Aさんがこの育毛剤で効果を出す事が出来たとしてもBさんにも効くのか? と言えば一概に効果が出ます! とは断言出来ないものです。

こういったところを考えると、育毛剤は化粧品によく似ているなと感じるものです。
こちらも、効果の出方は個人差のある上値段や成分に関しても似たような事が言えます。
正直に言ってしまえば『試さない事には分からない』といった部分もあるのです。
全ての点を踏まえて考えて行くと、口コミを見ながら自分に合ったものを探して使用してみる事が好ましいのでは? と、考える事が出来ますね。

海草類でフサフサの噂 本当に良い栄養素

髪に良い食べ物と言えば、ワカメや昆布などの海草類って聞いた事がありませんか?
これって何を根拠にしてそう言っているのかは全くもっての不明ですが……確かにその黒々とした色彩から、確かに髪の毛には良さそうと感じてしまうものですよね。

この真相が気になって調べてみたのですが、どうやらこれは噂には過ぎないようで、全くもって根拠も無い事だそうです。
確かにワカメや昆布などの海草類には豊富なミネラル分か含まれています。
身体に良い事は勿論のこと。「髪の為に」と食べている方も多い事でしょうが、直接的な関係が無いとしても、健康維持の為には必要不可欠なものなので、是非継続しての摂取が好ましいものです。

──そこで、”本当に髪に良い栄養素”について調べてみました。
その結果一つ分かった事が、まずは髪の抜ける原因の一つ男性ホルモンに関与するものです。主に女性が抜け毛を起こす原因の一つとして考えられるものは加齢や妊娠・出産などが伴うホルモンバランスの崩れです。
これが崩れてしまう事によって抜け毛や薄毛などの症状を起こすものですが、ここで偏ってしまった女性ホルモンに似た栄養素を摂取する事によって、幾分か穏やかに恩恵を与えてくれるものです。

2016.02.更新3.19
その女性ホルモンに似た働きをするものと言えば、大豆イソフラボンですね。

主に大豆……豆腐や豆乳、納豆などの大豆加工食品に含まれる栄養素ですが、最近ではサプリメントなども販売しているので積極的な摂取をする事が好ましいです。
しかし、当然の事ながら「その栄養ばかり摂っていれば髪が生える」というワケではありません。人間の身体の細胞がどうやって出来ているのか? この点を踏まえて考えると、当然の如くその他栄養素も必須となります。

つまり、髪を育てる基礎は健康維持や美肌作りと似たようなものだと断言する事が出来ます。その為には「いかにバランス良い食事を摂取するか?」「いかに健康的な生活を送るか?」この基盤がとても重要になると言えますね。
やはり、この基盤がしっかりとしていなければどんなに良い育毛剤やヘアケア商品を使ったとしてもなかなか効果を表してくれないものです。
もしも、全くもって効果ナシといった場合は、内側から摂取する栄養素の事や自分の生活について今一度考え直してみてはいかがでしょうか?

ハゲは男性だけのモノだけじゃない! 30代から注意したい抜け毛・薄毛

髪の毛の悩みと言えば、男性特有のものだと思いがちですが、事実上女性でも薄毛や抜け毛は近年問題視されています。
それの決定的証拠は、TVCMでもよく見かける女性用の薄毛ウィッグやネットショップなどで見かける女性専門の育毛剤などがこの背景を充分に裏付けているのでは? と、考える事は容易いものではないでしょうか。

2016.02.更新2.19

画像しかし、どうして女性でも抜け毛や薄毛といった問題が起きてしまうのか? この点について考えた事はありますか? ハゲ=男性のものという認識が強い所為で危機感を持っていない方も非常に多いものですが、これは『女性ならば誰だって起こりうるもの』という認識を改めて持たなくてはいけません。

まず、女性が抜け毛や薄毛を起こしてしまう原因は大きく分けて3つに分かれます。
どの年代にも起こりうる最大の要因としては、身だしなみを気を遣う女性ならではな”やりすぎヘアケア”が第一に挙げられます。これは、以前記事でも説明しましたので略しますが、パーマやヘアカラーやヘアセットの頻度を弁えない事によって頭皮がダメージを蓄積させて起きるものです。

そして二つ目の要因は、加齢によるものです。
加齢によって身体の機能が衰える事によって血液循環が悪くなり、これによって身体の末端にある髪を作る細胞まで栄養素が届かなくなる事により抜け毛を発生させます。
けれど、老化とはどんなに努力をしたとしてもやがて穏やかにやって来るものなので致し方の無いものには違いありません。これに対する処置方法は普段の生活を見直し、栄養をしっかり摂る事や体力作りがとても重要な課題となります。

最後の要因はホルモンバランスの変動によって起きる抜け毛です。
主に30代といえば、妊娠・出産のピークの時期でもありますね。この時の抜け毛や薄毛はほぼホルモンバランスの変動により、男性ホルモンが活性化する事によって起きると考えられています。けれど、これは一過性のものなので、そこまで焦る必要はありません。
しかし、”本当に怖い”と思えるのは、40代後半から50代の閉経期に起きる抜け毛や薄毛です。これに対しては、正直に対策もしようもありません。しかし、加齢による抜け毛と近しい状態に至るので全くもって対策は0というワケではありませんので、これが原因だとしても諦める必要はありません。

当然の事ながら、異常というものには、全て原因があるものです。
それを突き止める事によって対策も練れるものなので、まずは原因を探る所からはじめ、ひとつずつ対処を行っていく事が重要だと言えますね。

やりすぎヘアケアで髪の毛がボロボロに

私の20代前半と言うと髪の毛染め、逆毛を入れと毎日のようにヘアセットを行っていました。元々職場も接客業であったとしても頭髪などにはとても寛容な方だったので、髪の毛を毎日のようにいじる事が私の楽しみでした。
しかし当然の如く、毎日のように髪をセットしていれば抜け毛がひどくなるものですね。入浴中に洗髪をする時に、髪の毛が束になって抜け落ちた時にはさすがにコレはまずい! と、思いそれからというものの、ヘアセットを控えるようになりました。
やや髪の毛も薄くなってしまい、本当にショックだったんです。
20代前半の女性が薄毛になってしまう……なんて通常考えられませんよね?
しかしやりすぎヘアケアで毛が抜け落ちてしまう事は事実に違いありません。
やはり頻度を弁えるべきでは? と、感じる部分があるものです。

2016.02.更新1.19

これはネットサイトでも知った情報ですが、どうしてこのようにヘアケアによって抜け毛が発生してしまうかにおいては、その時に用いるワックス剤やヘアスプレーも原因の一つとして考えられているそうです。

ヘアワックスと言えば髪に揉み込むように馴染ませる事が一般的ですよね? その結果、毛穴に付着して毛穴を塞いでしまい、これが災いして抜け毛が発生しやすくなるリスクを高めると言われています。またスプレー剤においてもこれが同様の事が言えます。
やはり霧状になった粒子の細やかなものを噴射するので、それだけ頭皮に付着しやすくなってしまうと考える事はとても容易いものではないでしょうか。
安直にしっかり落とせば良い、シャンプーケアを兎に角徹底すれば問題は無い……と感じてしまうかも知れませんが、実はシャンプーだけでしっかりと取り除く事が非常に難しいもので自宅ケアでの徹底洗浄は困難なものだと専門家にも言われています。

無論絶対にやらない方が良い! とまで強く言う事は出来ませんが、それでも頻度だけは弁え髪を休ませる時間も設ける事がとても大切なのでは? と、感じます。